文字コードがShift_JISの時の簡易開発環境(VSCode)

文字コードがShift_JISの時の簡易開発環境(VSCode)

文字コードがShift_JISのファイルを編集しないといけないとき、VSCodeだと文字化けてしまい、ローカル簡易サーバーを立てるのも一苦労です。

拡張機能のLive ServerShift_JISでも使えると非常に楽なのですが、設定箇所が見つからず…

そんな場合、取り急ぎ簡易的な環境を作るときに便利なnode-staticのご紹介です。

VSCodeの設定

  1. ファイル→基本設定→設定
  2. 右側のタブを「ワークスペースの設定」に変更
  3. files.encodingの値をshiftjisに設定
{
  "files.encoding": "shiftjis"
}

これでどのファイルを開いてもワークスペース内であればshiftjisで開きます。

node-static

以下のコマンドでインストール、実行できます。

$ npm install node-static -g
$ static

グローバルにインストールするので、初回以降はstaticコマンドのみで大丈夫です。

参考

以下を参考にさせていただきました。

https://qiita.com/tkdn/items/ed9661bce5b47b28820a

まとめ

shiftjisはいろいろ面倒なのでなくなる日が来てほしいですね。

Live Serverでもできるという方いらっしゃいましたらコメントいただけると幸いです。

ポートフォリオ・お問合せはこちら