広告のためにWordPressのドメイン移管をした話【mixhost】 – WordPressのデータ移行からドメイン移管・SEO周りの設定まで

広告のためにWordPressのドメイン移管をした話【mixhost】 – WordPressのデータ移行からドメイン移管・SEO周りの設定まで

こんにちは。
さて、今回は当ブログで実際に行ったドメイン移管についてまとめていきます。
広告のためにWordPressのドメイン移管をした話【mixhost】 – ドメイン取得からWordPressインストールまでの続きの記事となります。

長くなりますので、2記事に分けてました。

WordPressのデータ移行

WordPressを旧サイトの中身をサイトからコピーしてきます。

いろいろやり方はございますが、一番簡単なプラグインを使ったやり方をご紹介します。

All-in-One WP Migrationというプラグインを利用します。

All-in-One WP Migrationを旧サイト(移管元)にインストール

  1. WordPress管理画面よりプラグイン新規追加をクリックします。
  2. キーワードAll-in-One-WP-Migrationを入力して検索し、今すぐインストールをクリックします。
  3. インストール後にプラグインを有効化しておきましょう。

All-in-One WP Migrationで旧サイト(移管元)からエクスポート

  1. 左側ナビにAll-in-One WP Migrationが出てきますので、エクスポートをクリック
  2. エクスポート先からファイルをクリックしてください。

  1. ブログデータのダウンロードというポップアップが出てきますので、クリックしてローカルに保存します。

以上で、旧サイト(移管元)のデータの準備は完了です。

新サイト(移管先)にもAll-in-One WP Migrationをインストール

上のAll-in-One WP Migrationを旧サイトにインストールと同じ要領でインストールを行います。

新サイト(移管先)で旧サイト(移管元)のデータをインポート

  1. 左側ナビにAll-in-One WP Migrationが出てきますので、インポートをクリック
  2. エクスポート元からファイルをクリックしてください。

  1. バックアップを取るようアラートが出ますが、空のサイトなので無視して開始をクリック

  1. しばらく待って、インポートが完了したら完了をクリックします。

  1. ログイン画面に飛ばされたらOKです。情報を入力してログインしましょう。

  1. 無事表示されればデータの移管は完了です!

以上で、旧サイト(移管元)から新サイト(移管先)へデータ移行は完了です。ホント簡単!

(今回の移管ではなぜか画像が数枚飛んでましたので、手作業で戻しました。。。)

旧サイト(移管元)へのアクセスを、新サイト(移管先)へリダイレクト

サイトのデータ移管は完了ですが、まだやることはあります!
旧サイト(移管元)へのアクセスを、新サイト(移管先)へリダイレクトしてあげる必要があります。

これはプラグインよりも .htaccess で行った方が簡単なので、こちらを編集していきます。

  1. FTPで旧サイト(移管元)に入ります。
  2. WordPressがインストールされているディレクトリの直下に .htaccess がありますのでそのファイルを編集
  3. 以下の記述を .htaccess一番上に記載します。(一番下だとうまく動作しませんのでご注意ください。)
  4. URLが掛かれている箇所は、新サイト(移管先)のURLを記載します。

# リダイレクトの設定 <IfModule mod_rewrite.c> RewriteEngine On RewriteRule ^(.*) https://blog-jws.com/$1 [R=301,L] </IfModule>
  1. 旧サイト(移管元)へアクセスしてみて、新サイト(移管先)へリダイレクトできているか確認します。

以上がリダイレクト処理になります。

URL変更処理(Googleサーチコンソール)

リダイレクトまで完了しましたら、次はGoogleサーチコンソールの設定になります。

新サイト(移管先)をGoogleサーチコンソールに登録

まずは新サイト(移管先)をGoogleサーチコンソールに登録します。

  1. サーチコンソールにログインします
  2. 左上から、プロパティを追加
  3. 新サイト(移管先)をGoogleサーチコンソールに登録
  4. 所有者確認では、HTMLをUPするのが一番簡単なので、FTPでUP

これで新サイト(移管先)をGoogleサーチコンソールに登録できました。

旧サイト(移管元)のアドレス変更

  1. サーチコンソールにログインします
  2. 新UIの方だと場所が分からないので、旧デザインの方へ移動します。
  3. 右上の箇所を旧サイト(移管元)にします。
  4. 右上の歯車をクリックアドレス変更をクリック

  1. リストから新しいサイトを選択するに先ほど登録した新サイト(移管先)をセット

  1. 他の項目もクリックすれば問題ないです。
  2. 完了後に送信します。

これでサーチコンソール上でのURL変更処理が、完了しSEOの面でもきちんと移管できました。

Googleアナリティクスの設定を変更

結構長くなりましたが、これでいよいよ最後です!
ドメインが変わってますので、Googleアナリティクスの設定も変更しなければいけません。

今回は、これまでのアナリティクスデータを保持しつつ、新サイトのデータを蓄積するような形にします。

  1. まずはGoogleアナリティクスにログイン
  2. 旧サイト(移管元)の画面を開きます。
  3. プロパティ設定より、デフォルトのURL新サイト(移管先)に変更します。

  1. 続いて、ビューの設定よりウェブサイトのURL新サイト(移管先)に変更します。

以上でGoogleアナリティクスの設定も完了です!

これですべての移管作業が終わりました。(ほかにもやることがあるかしれませんが。。)

まとめ

2記事に渡り、WordPressのドメイン移管についてドメイン申請からGoogleの設定までまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

実際にブログ用の画像をキャプチャ取りながら進めてみましたが、たかがドメイン変更といっても、プラグインを用いて極力楽に進めてもかなりやること多いなと感じました。

もしこれからWordPressでのドメイン変更作業が必要になる方がいらっしゃいましたら参考にしていただければ幸いです。

本題のGoogle AdSenseへの申請は、もう少し待ってクローラーが落ち着いた頃してみようと思います。
その際はまたブログでまとめていきますので、しばしお待ちください。

(ブロガーさんのブログを拝見してると、この申請がなかなか通らないらしく、たぶんガッツリとブログの中身を変えるかもです。。。めんどくさい。。。)

ポートフォリオ・お問合せはこちら